話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

海の宝石箱・前編

 ミルシア女王陛下がやってきたのはある昼下がりのことだった。
 ミルシア女王陛下はなじみの客としてすっかりボルケイノの常連となっている。しかも、ボルケイノにいつも大量のお金を置いていく。こんなに要らないのに、と何度言っても「私の望みをかなえた褒美と思いなさい!」と言って帰ってしまう。
 そんなミルシア女王陛下はいつもここに来るたび変なリクエストばかりあげてくる。
 そう、それは今日だって変わらなかった。

「宝石箱、ですか?」
「そう! 宝石箱のようにきらびやかな食べ物が食べたいの。私にぴったりの、料理とは思わないかしら?」

 ……そのワガママさえ無ければ問題ないと思うのだけれど、とにかくここは『食べたい料理』を出すお店だ。適当なものを出すことはメリューさんのプライドに反するし、そもそもミルシア女王陛下の気分を損ねてしまっては最悪ミルシア女王陛下の国で商売が出来ない可能性もある。それは正直言って死活問題に繋がってしまうから、出来れば叶えておきたいのだが……。
 とにかく、『宝石箱』について情報を収集せねばならない。

「宝石箱、と言いますが何かほかにリクエストの詳細をいただけないですか? たとえば、そう、どういう具材があればいい、とか……」
「特に問題ないわ。だって、宝石箱なのでしょう? だったらいろいろな具材が入っていて、きらびやかな色彩になっていれば。それでいて、美味しい。そんな料理を、きっとメリューなら作れると思うのだけれど」

 これ以上話しても情報は得られなさそうだ。そう思って俺はメリューさんに声をかける。

「メリューさん、そういうことなので、宝石箱お願いします」
「了解。ちょっと待って」

 これで注文は完了。あとはメリューさんがどういう風に料理を作ってくるか待つだけになる。
 そう思って、俺はミルシア女王陛下に時間稼ぎのコーヒーを差し出すのだった。


 ◇◇◇


 メリューさんが料理を持ってきたのはそれから十分後のことだった。相変わらず早い。どうしてこんなに早いのだろうか、まあ、そんなことを考えるのは野暮かな。

「ケイタ。これをもっていって」

 メリューさんが厨房の銀色の机に置いた丼を見て、俺は思わず圧巻されてしまった。
 何が出てくるのか解らなかったけれど、まさかそれが出てくるとは思わなかった。
 けれど、今思えば確かにそれも宝石箱と言う。

「……さあ、急いで持っていきなよ。鮮度が命だからな、その料理は」

 合点承知、と心の中で言って俺は丼をトレーに乗せてカウンターへと戻るのだった。
 カウンターに戻ると、ミルシア女王陛下の目がキラキラと輝いていた。
 理由は単純明快。俺が持っていたそれが、メリューさんの作った料理であることに薄々気付いていたからだ。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く