話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

エピローグ それでは皆様、またどこかで

 ドラゴンメイド喫茶、ボルケイノ。
 世界に一つしかない、稀有な喫茶店だ。
 今日も今日とて、お客さんは羊使いのヒリュウさんだけ。
 新人メイドのシュテンがヒリュウさんに頭を撫でられている。

「ほほう……。鬼のメイドとは珍しいのう……。伝説でしか聞いたことがないから、まさか本物をみることができるとは思わなんだ。生きてみるものだ、ほっほっほ」
「ちょ……。角を触らないでください! さすがに角を触られるとちょっと……」
「こら、ヒリュウさん。シュテンちゃんが嫌がっているでしょー」

 そう宥めたのはサクラだった。
 隣にはじっとヒリュウさんを睨み付けるウラの姿も見える。

「おっと、そいつはすまなかった。ごめんなあ、シュテンちゃん。ちょっと面白かったのでね、興味があった、とでも言えばいいかな? いずれにせよ、悪気はなかったんだ。許してくれないかな」

 ヒリュウさんの言葉に、シュテンはゆっくりと頷く。ちょろい。

「お待たせしました、ヒリュウさん。プリンアラモードです」

 そう言ってリーサはプリンアラモードをヒリュウさんの前に置く。

「ひひっ、これだよ、これ! これを食べないと一日が始まった気がしないねえ。何というか、元気が湧いてくるよ」

 そう言ってスプーンを手に取りプリンを一口頬張るヒリュウさん。その姿はスイーツに歓喜する女子にも見える。
 まあ、その俺はいまカウンターで洗い物をし続けているわけだけれど。
 それにしても……人が増えたよな、この店も。
 少し前まではメリューさんとティアさん、それに俺。三人だけだった。
 それが、サクラ、リーサ、シュテンにウラと四人が増えて今や七人になった。まあ、シュテンとウラはまだ研修中であり、今は店の裏に住んでいるらしい。まあ、メリューさんとティアさんもそこで住んでいるので一緒に暮らしている、ということになるのだろうけれど。

「……それにしても、少年。おもしろいなあ、女性ばかりの喫茶店に君一人が男か」

 ヒリュウさんが俺にそう語りかけた。見るとさっきまで居たシュテンたちが厨房に消えていた。
 ヒリュウさんはそれを狙って俺をからかっているのだろう。

「……正直、幸せに見えるなあ。わしも是非その中に入りたいものだよ。ところで少年、何か面白い話はないかね?」

 そういわれたので。
 俺は笑ってこう返した。

「この店で働いていると、そういうことばかりですよ」





 ドラゴンメイド喫茶、ボルケイノ。
 そこは世界唯一のドラゴンメイドが営む喫茶店である。人間の店員に、鬼の店員、はたまた魔女まで居る。
 もし君が周囲と雰囲気の違う木製の扉を見つけたのなら、その扉を迷いなく開けてみるといいだろう。
 その扉はおそらくボルケイノに繋がる扉になっているだろうから――。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く