(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

食わず嫌いを何とかしよう・起

 ドアに付けられた鈴が鳴ったのは、ちょうどその時だった。

「あー、おなかすいた! こんなところに喫茶店があるなんて、ほんとうに助かったわ。私たち、神様に愛されているのかもしれないわね」
「失礼します。こんな姉で……」

 対照的な二人の女性が入ってきた。
 一人はへそ出しルックの格好にダメージジーンズとかなりセクシーな感じだ。
 対してもう一人は薄黄色のドレスに身を包み、何かカードのようなものを持っている。

「……まあまあ、そんなことをいうからあなたは面倒な性格になっちゃうのよ。あ、お兄さん、どこ座ればいい?」
「どこでもいいですよ、空いているところなら」
「ふーん。じゃ、ニーナ。カウンター座ろうぜ」
「も、もう……姉さん、手を引っ張らないでよ!」

 似ている風貌と『姉さん』と言っていることから、どうやら姉妹のようだった。
 それにしても、ここまで性格って違ってしまうものなのだろうか……? あまり医学について詳しくないけれど、ここまで違うとちょっと面白い。

「ねえ、お兄さん。メニューとか無いの? それともここはメニューが一種類しか無くて、それしか提供してくれないとか?」
「いいえ、違いますよ。ここは『あなたが食べたいものを提供する』お店です。いわずとも料理人である彼女があなたたちを一目見ただけでわかります」
「ふうん……。まるで魔法ね。訳が分からないけれど、信じることにしましょうか」
「ね、姉さん……。あんまりそういうこといわないで上げてよ。商売だからそう言っているかもしれないでしょう?」

 おい、二人の意見が一致したぞ。
 それはそれとして。
 メリューさんのチェックも済んだところで俺は水を提供する。

「あー、サンキュ。ちょうど喉が水を欲していたところだったのよね。そこらへんはさすがマスターって言ったところかな?」
「ありがとうございます。あの、姉さんの発言は放っておいてくださいね。たまにデリカシーのない発言をしますので」

 たまに、ではなく常にしている気がするのですが、それは無視していい発言なのか。それとも一種のギャグなのか。
 まあ、それなりに妹も信頼している、ということなのだろうけれど。その発言は逆に反感を買いそう……とは言わなかった。やさしさだ。これ以上何か言ったら妹が心労で倒れてしまいそうだ。今でもなんかすごく疲れているように見えるというのに。

「ああ、うまい!」

 そうこう考えているうちに姉のほうは水を豪快に一気飲みして俺にグラスを突き出した。どうやらお代わりを所望しているということはすぐに理解できた。まあ、俺が水差しを持っていたから、だろうけれど。
 取り敢えずそのグラスを受け取って俺は水を注ぎ、そのまま姉に手渡した。それを笑顔で受け取る姉。もともとの顔が美人だから、とても笑顔が生える。くそっ、性格がガサツなのにこれは卑怯だ。……だからといって、近しい関係になったらとても苦労しそうだけれど。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く