話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

続 王女のワガママ・8

 ミルシア女王陛下の部屋までそう時間はかからなかった。アルシスさんがノックをして、俺たちは中に入る。
 ミルシア女王陛下は椅子に腰かけていた。窓から外を眺めている様子だったが、入ってくるのを見て俺たちのほうを向いた。

「あら、アルシス。ちょっと遅かったじゃない。きちんと持ってきたのかしら?」
「ええ。きちんと持ってきていますよ。ほら、それを置いて」

 俺はアルシスさんに言われたようにそれをテーブルに置いた。

「……もしかして、あなた、ケイタ?」

 ぴたり。
 それを聞いて俺は思わず手を止めてしまった。
 その反応を見たミルシア女王陛下は笑みを浮かべて、

「どーして、女装なんかしているわけ? もしかして、ここはメイドしか入れないから、とかそんな理由で? うそでしょう。ちょっと、びっくりなのだけれど……」

 笑いをこらえながらも、そう言ったミルシア女王陛下。
 俺だってしたくてしているわけじゃねえよ! と反論したかったけれど必死でそれを堪えて、テーブルにそれを置いた。

「……これは、お粥?」
「貝のエキスがたっぷり入った粥になります」

 俺は簡単にそれの説明をする。
 それを聞いたミルシア女王陛下はスプーンで一口それを掬って、ふうふうと息で冷ます。

「……いい香りね。やっぱり、メリューは素晴らしいものを作るわ」
「それくらいのものであれば私たちでも容易に作ることができます」
「果たしてどうかしら? ……まあ、今はここでとやかく言う必要は無いわ」

 そうしてミルシア女王陛下は一口、その粥を口に入れた。
 まだ熱かったらしく、必死でそれを堪えつつも、何回か噛んで、それを飲み込んだ。
 笑みを浮かべたまま、ミルシア女王陛下は無言でそれをまた掬い口に入れて、また掬う……というルーチンワークのようなことを始めた。
 やっぱり美味しいものを食べると、無言になる人が多い。
 とやかく言っている人もいるけれど、こんな感じになる人のほうがモノを美味しく食べている、という感じがする。いや、別にとやかく言っている人に文句をつけたいわけではないが……。
 ミルシア女王陛下が粥を食べ終えたタイミングを見計らって、アルシスさんは俺のほうを向いて、

「まことに申し訳ありませんが、このお皿を洗っていただけませんか? ……これから、ミルシア女王陛下は着替えをしないといけませんので、そこに男性が居るのは非常に面倒なことになります。……それくらい、常識の範疇で理解できますよね?」

 だからどうして逆撫でするような発言ばかりするのか。
 そう思いながらも言い返すことは出来ず――俺はそれを受け取って、先ほどの厨房へと向かうのだった。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く