(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

新聞記者とペペロンチーノ・3

「心配していただけているのは、大変有り難いことだというのは十分理解しています。ですが……」
「ですが……?」
「新規ばかりやってきて、その先に何が生まれますでしょうか? 確かに新規客は重要です。ですが、新聞などのマスメディアで得られる情報はあくまでも表面的なもので、人によって受け取ることのできる情報は異なります。その異なる情報は、最終的に人に『誤った知識』として与えてしまいます。その結果、修正されないまま店に向かうことになるのです」
「誤った知識、ですか」

 アルターさんはそう言うと小さく溜息を吐いた。

「確かにそれはその通りかもしれませんね。あなたの言う通り、マスメディアにはあなたの思っている通り、いや、それ以上の力があります。影響を受けやすい人はそれなりに影響を受けてしまう。取捨選択をできる人ならばなんとかなるとは思いますが……、それでも『この新聞で宣伝していたから』という言葉だけで行く人間は実際多いことでしょう」
「しかし、あなた。それは店の考えかもしれないけれど、そのデメリットを考慮しても客が増えることは大きいことではなくて? デメリットがメリットよりも小さければそれでいいじゃない」
「それはスポット上の問題にすぎませんよ、ミルシア女王陛下」

 メリューさんはミルシア女王陛下の言葉を一刀両断した。余程発言が気に入らなかったのだろうか。

「つまり……最終的にはスポット以上のデメリットを得る、と?」

 スポットということは意味がよく解っていないのだけれど、感じからすると悪いことは理解できる。継続的に不利益が生じる、ということなのか?

「ひとまず、今回については申し訳ないですけれど、無かったことに……」
「うーん、まあ、しょうがないですかね」

 アルターさんは意外にもあっさりと折れた。
 ミルシア女王陛下は表情を変えることなく頷くと、カウンター席に座った。

「……なあ、メリュー。取り敢えず、食事をさせてくれないか? これからは、新聞の取材とか関係なく、だ。一度でいいからほかの人にここの食事の美味しさを伝えてやりたいんだよ。……食べたいモノは言わずとも解るよな?」
「……しょうがないわね」

 溜息を吐いて、メリューさんはミルシア女王陛下とアルターさんを一瞥する。そして目を瞑ると、少しの間沈黙する。
 そうして、次に目を開けたとき、

「二人とも料理は別でいいのかしら? それともどちらかに合わせる?」
「この新聞記者の好みに合わせていいわよ。どうせ私は好き嫌いも無いから」

 それを聞いてメリューさんは頷くと、何も言わずに厨房へと向かっていった。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く