(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

新メンバーの一日・中編

「……そうなんですか」

 私はそれでも信じられなかった。
 けれど、ファンタジー的世界観ということを考えると、そういうことも案外普通なのかもしれない。……というか、それってただの読心術なのではないだろうか?

「それにしても、どうしてそんな能力を……?」

 私の言葉に、メリューさんは笑みを浮かべる。

「うれしいねえ、信じてくれるのかい。まあ、本当のことだけれど」
「……え? 本当なんですよね? だったら、信じますよ。嘘を吐いていないのであれば」
「嘘は吐かないよ、私は元来嘘を吐くことはしない、と決めているのでね。……さて、休憩するとしようか。ホットケーキを食べるでしょう?」

 そう言ってメリューさんは厨房へと向かった。
 メリューさんに休憩中の手を煩わせるわけには……そう思って私も厨房へ向かおうとしたけれど、それをメリューさん自身に抑えられた。

「いいのよ、別に。私が作りたくて行きたいのだから」
「それではせめて紅茶だけでも……」

 私は矢継ぎ早にそう言った。せめてそれだけでも、私はしたいと思った。しなければならないと思った。
 それを見たメリューさんは笑みを浮かべると、大きく頷いた。

「そこまで言うならば、やってもらいましょうか。その気持ちを無碍にすることも出来ないしね」
「はい! ありがとうございます!」

 そうして私は、紅茶を入れるべくカウンターの裏へと向かった。
 メリューさんもメリューさんで私を見守りながら、厨房の奥へと消えた。


 ◇◇◇


 メリューさんがホットケーキを持ってきたちょうどいいタイミングで、私も紅茶をいれ終えた。

「ホットケーキ、焼きあがったわよ」

 メリューさんの手にはそれぞれ一枚のお皿があり、そのお皿にはホットケーキが三枚と蜂蜜、それにバニラアイスが溶けかけの状態で乗っかっていた。
 それを見て私はすぐにでも食べたい! と思ったけれど、まだ紅茶をティーカップに入れていなかった。そう思った私は早く食べたくて大急ぎで紅茶を入れようとした。

「駄目よ、サクラ」

 ……そこで私はメリューさんにさえぎられた。

「……え? どうしてですか。まだ紅茶を入れていませんけれど」
「入れていないのは見てわかるわよ。問題はあなたが今から『大急ぎ』で紅茶を入れようとしていること。そんなことがオーケイだと思っているわけ?」
「え、いや……どういうことでしょうか? さっぱり、理解できないのですが」
「だから。……まあ、いいわ。ちょっと貸してみなさい」

 そう言ってメリューさんはホットケーキの皿をカウンターに置くと、ティーポッドを私の手から奪った。


「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く