(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

初めての客人・起

 カランコロン、とドアの音が鳴ったのは昼前のことだった。

「いらっしゃいませ。空いている席におかけください」

 営業スマイルを決めて俺はそう言った。
 だがそのスマイルを華麗に無視して、男はそのままカウンターの奥に座った。
 ……少しだけ、苛立つものがあったが致し方ない。そこですぐに怒りに任せてはいけない。
 水をコップに注ぎ、それを男に渡した。
 男は首を傾げて、俺の方を見た。
 やけに鼻の高い男だった。

「……この店は客にメニューも出さないのか。礼儀がなっていない店だ」

 勝手に憤慨されても困る。
 まあ、確かにこの店にはメニューが無い。それでは、何を食べることが出来るのか? なんて当惑する人が出てくるのは当然だ。
 だが、この店ででてくる料理は決まっている。

「お客様、当店にはメニューがございません。正確に言いますと、決まったメニューが無い……とお伝えすればよろしいでしょうか」
「何だと?」

 それを聞いてさらに眉間に皺を寄せる。
 当然だ、当然だろう。そんなことを言われて疑問を抱かないほうがおかしい。

「この店は、『今あなたが一番食べたい』ものを出す店なんですよ」

 そう言ったのは店の奥から出てきたメリューさんだった。

「一番食べたいもの……だと?」

 まあ、そう思うのは仕方ない。
 現に俺がここにやってきたとき――そう、忘れもしない。あの時だって俺はメリューさんの言葉を疑ってかかった。そんなこと、あり得ないなんて思った。
 有り得ない、ってどういうことだ――それは簡単。

「ああ、一応言っておきますが、もう料理は作り始めています。あなたがここにやってきてすぐ……ね」

 それを聞いて溜息を吐く男。

「別にこの店に文句をつけるわけじゃないが、客の注文は聞くべきではないのかね? これだから若い者がやっている店というのは……。まだ常連なら解るものの、私はまだ一回しか来ていないぞ? それを理解していっているのか、君は」

 なぜ俺に訊ねる。
 俺に言われても困る。だってそれは実際に確かめてもらった方が早いからだ。俺の国で言うところの、百聞は一見に如かずってやつ。
 それを聞いてもなお理解してくれない。まあ、仕方ないと言えば仕方ないんだが、ここまでくると理解してくれないと逆に困る。実際問題、そうじゃないと話が先に進まない。

「こんにちは、おや、今日はもう先客が居るのかい」

 カランコロン、と言う音を立てて扉が開いた。
 入ってきたのは杖をついて歩く白髪の男性だった。白衣に濃紺のマフラーをつけているが、暑がる様子は無い。それどころかむしろ寒いとも思っているようだった。
 杖の傍には一匹の狼が居た。まだ子供だからか、その大きさは男性の膝程までしかない。
 そして俺は、その人のことを知っている。
 だから俺はその人の名前を呼んだ。

「ヒリュウさん、いらっしゃい。今日は早いね」

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く