話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

ヤマアラシのジレンマ・中編

「おかしいんだよ。どう見ても。他人を嫌っている感じがする」
「そうか?」
「そうだよ。入った時の俯いた表情、席に座ってからの溜息、メニューを探す動作、恐る恐る君に声をかけたこと……どれも当てはまる。『他人を嫌っている』というのは少々言い過ぎかもしれないが、少なくともそれに近い何かはあると思う」
「それに近い何か……ね」

 俺はよく解らなかった。まあ、同じ人間だと解らないことが多いのかもしれない。ドラゴンと人間という異なる種族同士だからこそ、見えてくるものもあるのだろう。たぶん、きっと。適当なことを言っただけだが。
 さて。
 それじゃ、どうすればいいだろうか。
 メリューさんが停滞期に入っているとのことだから、僕としてもどうにかする必要があるだろう。
 実際問題、メリューさんが料理を作らなくては何も始まらない。なぜならここは料理を提供する場所だからだ。

「決めた」

 メリューさんは目を瞑っていたが――そう言って、目を開けた。

「どうしました?」

 俺はメリューさんに問いかける。

「ケイタ、あなた時間を稼いでもらっていい? 出来れば、十分程度。コーヒーをサービスで出していいから」
「もし、コーヒーを嫌いだといったら?」
「それ以外でも構わない。とにかく、彼の行動をもう少し吟味したいのよ。彼には何かある。私の勘が、そう囁くのよ」

 そう言って俺の後をついていくメリューさん。……まさかほんとうに見に行くというのか? とはいえ、飲み物なんて希望を聞かないと解らない気がするけれど。年齢が若く見えることもあるし、コーヒーを一概に好きだとは言えなさそうだし。

「どうぞ」

 取りあえず先ずはコーヒーで様子を見ることにした。
 少年の前にコーヒーを差し出すと、少年はそんなもの注文していないと言いたげな表情を浮かべて――正確に言えば疑問を浮かべているように見える――目を丸くさせていた。
 俺はその質問を予測していたので、すらすらと用意してあった答えを述べていく。

「サービスですよ、お気になさらず。……もしかして、コーヒーが苦手でしたか? でしたら、別の飲み物に変更することも可能ですが」
「いえ。大丈夫です」

 必要最低限のことしか言わなかった。
 そして少年は目の前にあるミルクとシュガースティックをそれぞれ一個(シュガースティックの場合は一本と数えるので、一概に一個とは言えないが)取って、それをコーヒーに入れる。スプーンも目の前に置かれているのでそれを取って混ぜ合わせる。一面の黒に垂らされる一筋の白と結晶の堆積物がスプーンによって黒と混ざり合っていく。
 そう時間もかからないうちに、コーヒーは濃い茶色へと変化を遂げる。

「いただきます」

 静かに、聞こえるか聞こえないか解らないくらい微かな声で彼は言った。
 そしてコーヒーを一口啜った。
 ふと、厨房を眺めるとメリューさんの姿は無い。……まさか、さっきのやり取りだけで何かを見出したというのか?
 まあ、メリューさんの問題が解決したのならばそれでいい。あとは料理が出来上がるのを待つだけだ。そう思って、俺は先程洗っていた皿を拭き始めた。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く