死神始めました

田中 凪

最終話 これからも…

人族至上主義社との戦争が終わり、特にやることが思い浮かばない浩太は……
ラグ「浩太殿?いつまで、そこにいるつもりかな?いい加減帰ってもらわないと私も作業がしづらいのだが?」
浩「いやぁ、仕方なくね?俺、今は城を締め出されちゃっててさ、行くあてがないんだよね」
ホルン王国の国王ラグラインの執務室でダラダラと過ごしていた。
ラグ「浩太殿はそのように気が楽でいいなぁ。わしに回ってくる仕事なんぞ下心丸出しのアホどもの相手だぞ」
ラグラインはそう、辛そうに話す。だが、浩太は特に気にした様子もなく「頑張れ」と言うだけだった。
だが、浩太は何かをふと思い立ったようだ。
浩「ラグライン、俺はもうこの世界には戻んねぇや、飛鳥達のことを頼む」
そう言って、どこかへ消えた。









それから暫く……いや、数万年後のこと。浩太はすべての世界の監視者となった。
久々に見た地球は、何も無かった。愚かな国の主導者たちによって核兵器があちこちで使われ、地球がなくなっていた。
浩「人間って、ほんとに愚かだな…」
死天「まあ、そんなものだろう。それよりも早く我らの期限がわかると良いのだがな…」
浩太は今、天龍が生まれたルーツを探していた。
それは答えが出るものではないだろう。これまでも…そしてこれからも…
浩太は答えのない旅に出るのであった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 田中  凪

    おおう…
    誤字報告ありがとうございます

    0
  • 田中  凪

    誤字報告ありがとうございます

    1
  • 田中  凪

    コメントありがとうございます。
    その後の飛鳥たちですか…考えておきます(;・∀・)

    1
  • ノベルバユーザー35846

    それからの飛鳥たちが凄く気になる

    5
コメントを書く