死神始めました

田中 凪

第240話 帰還

あの後、なぜか飛鳥達の話が盛り上がり、帰るに帰れなかった。何で盛り上がっていたのかさっぱり分からないが多分前世の話なのだろう。(でも、そうするとアレミト達の転生者じゃない組も参加していたのがよくわからない)
ようやく船にかかった呪いをとってもらいドルマナン大陸に帰ることが出来たのは1日後だった。
ふう、絶対にお仕事が溜まってるよ。やだなぁ、帰りたくない。
そう思いつつも俺たちの国の港に【ワープ】をした。帰ったら寝ようと思っていたのだが何やら港が騒がしい。
兵「あ、国王殿!大変です!戦争をふっかけてきた馬鹿な組織がでてきました!」
ゑ?!
兵士からの報告に浩太は固まった。
未だにそんなアホがいるとは思ってもみなかった。
浩「しかたない、徹底的にたたきつぶしてやれ。量で負けていても質では勝っているからな」
兵「はっ!」
さて、どこのアホが喧嘩を売ってきたんだろうなぁ。退屈しのぎになるかねぇ。楽しみだ。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く