死神始めました

田中 凪

第239話 もう嫌だぁ!

レル「はははははははは!!これは愉快だ!」
もう嫌だぁ、なんで首斬られてて喜んでんだよ。こいつ頭おかしいだろ・・・
浩「なんで首斬られて笑ってんだよ?!いくら何でも頭おかしいだろ?!」
レル「そうでもないぞ!主もやって・・・浩「やらんわ、んなもん!」ぬう、そうかつまらん男じゃの」
どうしたらこの暴走吸血鬼ジジイを止められるのだろうか・・・
浩太がそう思っていると飛鳥が首だけのレルファーズに話しかける。
飛「そう言えば、こっちに転生してから何年経ってますか?」
レル「別に敬語は使わんでいいぞ。まあ、そうだな、350年以上はたっているな。我のいた時代は今は古代魔法時代と呼ばれている時代だからな」
マル「それ、1000年近く前の話よ」
レル「む?そうだったかな?何分、この体になってからはこの屋敷の中に篭もりっぱなしだったからなぁ」
なんだろう、生首に話しかけてる美少女って・・・怖い感じする。
浩「ってか、なんでみんな普通に接してられんだよ?!」
浩太が叫ぶと同時にレルファーズ達が笑い声をあげたため、浩太の叫びは誰にも届かなかったようだ。
もうほんっとやだ!!!さっさと帰りたい!!

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く