死神始めました

田中 凪

第232話 圧倒的な艦隊戦(?)3

俺らが身体能力に物を言わせて帆船に乗り込むと・・・
スケルトン、ゾンビ、レイスなどの霊系魔物がうじゃうじゃと甲板にいた。
飛「いやぁぁぁ!!ゾンビきもい!!さっさとなくなれ!!!」
浩「やべっ!飛鳥が錯乱状態になりやがった!逃げるぞ!」
一同「おお!」
俺たちが『大和』に戻った直後帆船は大爆発を起こした。
ヘル「どうしますか?飛鳥さんに鎮静剤をうって落ち着かせて回収しますか?」
浩「あ、ああ、よろしく頼む」
一同「何を言ってるんですか。逝くのは浩太 (さん)ですよ?」(ニコニコ)
ちょっと待てぇぇぇぇぇぇぇぇ!今、間違いじゃなきゃ『行く』を『逝く』ってしてないか?気のせいか?気のせいじゃないよなぁ?!
ああなった飛鳥を止めるのって至難の技だぞ。しかも、次々に船へ飛び移・・・うん?ちょっと待て?もしかして船の量が増えてる?!
アレ「そうみたいね。これは海中の本体を叩かないといけないっぽいわよ?」
浩「そうか、めんどうだ。それよりも先に飛鳥を連れて帰ってからだ
さて、暴走一個手前の飛鳥を止めに行かないとなぁ・・・もうドラゴン討伐してきた方がマシな気がする・・・

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く