死神始めました

田中 凪

第231話 圧倒的な艦隊戦(?)2

向こうの船からの魔法は全く届かないが、俺らの砲撃は余裕で届く。
浩「全砲塔、斉射!主砲の弾着確認後すぐに副砲も射撃!」
ドォォォン!!×9
ヘル「だんちゃーーーーーく、今!6発の命中弾を確認、3発はそれた模様」
浩「交戦距離が近いからかなり当たるな。副砲も斉射!」
ダダダダダダダ!!ドンッ!!ドンッ!!ドンッ!!
ふむ、かなり沈んだな。しかし妙だな。なんでこれだけ沈められて引かないんだ?
飛「妙ね。もう、8割は船を沈められているはずなのに全く引かないなんて・・・もしかして、魔物?」
ヘル「・・・かもしれませんね。すると、この辺りで沈んでいった船の乗組員たちが魔物化したのでは?」
浩「それが1番考えつくものだな。よし、じゃあ乗り込んで調べてみますか」
一同「おおっ!」
さて、あの船に乗っている人の正体を調べに行きますかね。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く