死神始めました

田中 凪

第229話 駄女神様連れていかれる!

一応、前の管理者がいたことを天龍たちに伝えた。
レシ「な、なんてことをしてくれたのですか?!私、絶対天龍様にボコられるじゃないですか?!」
一同「それで頭直されてこい!!!!」
俺らは総ツッコミをいれる。そりゃそうだろ、ただ見守るのも退屈だけどそれを怠った挙句何も言わずに管理者降りちゃったんだもん。これは一度矯正を入れた方があの駄女神のためになるだろう。
死天「ワシの弟子が迷惑をかけたの、かなり困ってたのだ。助かったぞ」
レシ「あ、あわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわ」
めっちゃ動揺してるし。
飛「頑張って行ってらっしゃい私達は別に困らないしね」
レシ「白状も
死天「迷惑をかけたまた今度な!」
あ、強制転移した。まあ、いいや。これでまたゆっくりできるしね。

その後、天界ではとある龍の鳴き声が響き渡ったとかいないとか。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く