死神始めました

田中 凪

第228話 駄女神様の証言

とりあえず、俺らは白目を向いてぶっ倒れた駄女神様を俺らの城へ連れていった。
レシ「はっ、ここは?!」
浩「ようやく起きたか。ここは俺らの城だ。ってなわけで早速本題に入ろうか」
レシ「それはいいんだけどさ、何で目が笑ってないの?」
浩「当たり前でしょ。お前が無断でサボってっからだろ!」
レシ「さぼっ・・・・・・・・・てはないですよ?忘れてただけですよ?」
飛「こいつ、ほんとに典型的な駄女神ね」
レシ「そ、そんなことないですよぉ!本当なんですって!」
一同「どの口が言ってんだか・・・」
レシ「ま、まあ、私がこの星の管理をしなくなったのはですね・・・」
駄女神がいきなり真面目に語り出したので俺らは慌てて耳を傾ける。
いわく、最初はそれなりに楽しかったそうだが、途中(約1000年ほど前)から途端に技術の進歩がほぼ無くなり戦争ばかりになったそう。
あちこちで魔物が氾濫しては敵対する国のせいにし、争い、負ければ搾り取られるだけの植民地と化していた。
時々、強いものも現れていたがいずれも国に使い潰され、捨てられたらしい。
いつしか、人々は反乱を起こし王族たちを根絶やし、自分たちで平和な国を作っていったらしい。そこまではかなり面白いそうだ。
この話が今と噛み合ってないな、と思っていたがそういうことか。なんでも、王様のやり方に反対する人たちが税をすべて払わず餓死した場所もあったそうな・・・
うっわ、よく国が成り立ってたな・・・
だが、その後も技術の進歩は無かったそう。
そして、飽きてしまったと・・・
フラ「せめて、辞めますぐらいの連絡入れる気がします」
レシ「うぐっ?!」
マル「忘れたからといっていつまでも連絡しないのはどうかと・・・」
レシ「うぐぐっ?!」
ヘル「これは、天龍様に報告ですね」
レシ「がはぁっ?!」
うちの女性陣からの言葉に駄女神様は何も反論出来ずに倒れたのだった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く