死神始めました

田中 凪

第224話 メルボラン迷宮6

階段を降りるとそこは・・・スライムが床一面に敷き詰められていた。
女性陣「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
ふむ、これはつまりあれか服を溶かすスライム達か!なんと素ゲフンゲフン最低なスライムなんだ!
飛「焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う焼き払う・・・」
うおッ?!飛鳥があまりのショックに耐え切れないで壊れちまった!しかも焼き払うだと?!こんなすば(女性陣からのジト目)・・・はい、なんでもないです。
飛「【エクスプロージョン】!!」
チュドーーーン!!!
こ、怖ぇどんだけ嫌なんだよ・・・
この階層はしばらく進んだらスライムを爆殺してを繰り返していた。さて、次の階層はどんなのなんだろうな。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く