死神始めました

田中 凪

第223話 メルボラン迷宮5

さて、11階層に降りてみたらいきなりドラゴンとか意味わかんないんですけど?!
ヘル「あ、ここ、どうやら20階層のようですね」
浩「ワッツ?ホワァーイ?」
飛「あ、浩太が狂った」
フラ「なんか、わけのわからない発音してますね」
マル「あら?面白いわね。狂った浩太が見れるなんて」
ヘル「サクッと殺って次に行きましょう?」
浩「そうだな、うん、そうしよう」
飛「チッ、戻った(ボソッ)」
浩「ん?飛鳥、なんか言った?」
飛「?何も言ってないよ?」
浩「ならいいや」
とまあ、そんな茶番をしているともうすでにドラゴンは倒されていた。
そこからしばらく進んでいると・・・
浩「やっべぇ、もげるもげる!ぬぁぁあぁぁぁああ!!チキショーこうなったら自切だ!」
ショキンッ
浩「うひぃ、助かった」
浩太は男殺しのトラップに引っかかったようである。
浩「忌々しいトラップだ!この先にあったら全部潰してやる!」
一同「いったい何が・・・」
そのあとはあっさりと階段が見つかったので降りて行った。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く