死神始めました

田中 凪

第220話 メルボラン迷宮2

浩「1階層はサクッと行きたいところなんだけど・・・」
M1「さて、にいちゃん、女置いてきえさんな」
マル「だれ?」
そう、なぜか初心者狩りに捕まってしまった。
まあ、ほぼ全員が見た目15、6のペーペーだもんな。
ヘル「サクッと殺ってから行きましょう。時間の無駄です」
初心者狩りをしているやつは全部で6人、しかも、そこまでの実力もない雑魚だ。
俺ら全員でやる必要がない。
飛「じゃ、私がもらうわね」
飛鳥はそう言うとすぐに男達の懐に潜って鳩尾に蹴りを入れている。ついでに玉も潰されていたりした。
・・・男として同情してやろう。
もっとも、もうすでに死んでるだろうけど。
ちょっと問題があったけど6階層までは余裕だった。ここからが本番らしいな。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く