死神始めました

田中 凪

第219話 メルボラン迷宮1

ラール大陸にある1番難易度が高い迷宮。それがメルボラン迷宮である。
浩「へえ、ここが・・・」
アレ「うーん、結構並んでるね」
今回は迷宮を攻略するためフルメンバーである。
フラ「あれ?ここってこの大陸で難易度が1番高いんですよね?」
ヘル「はい。しかし、5階層までは比較的難易度が低くオークなどの雑魚が出るので小遣い稼ぎにちょうどいいみたいです。6階層以降はいきなり難易度が跳ね上がっています。」
飛「たちが悪いわね。最下層まで徐々に上げていけばいいのに」
マル「そうなっていないから難易度が高いんじゃない?」
ヘル「マルトさんの言う通りです。では、実際に迷宮の情報を見ましょう【リンク】」
浩「うっわ、これエゲツない。男殺しのトラップじゃねえか」
飛「私達にとっては服を溶かすスライムとかがいるスライム階層はいやだな」
フラ「私達はそういう行為できないけどオークにはよく襲われるのでオーク階層が怖いですね」
アレ「ああ、これか。最後の方ではオークの上位種とかも出てくるみたいね」
マル「ちょ、最下層の一個上がドラゴンの階層じゃない。これ一般の冒険者はどうクリアするの?」
などと話していると浩太たちが入る番になった。
浩「一応浅い階層だからと言って気を抜かないでいこう」
一同「おおっ!」
浩「なんか、アホな冒険者が絡んできそう(ボソッ)」


「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く