死神始めました

田中 凪

大昔の出来事4

死天「貴様らなにをしてくれた!」
その日、死天龍が怒鳴った。というのも候補の龍たちが魔界に篭っている悪天龍を殺してきた。と報告してきたからだ。
創天「お前たちは悪魔がなんたるかを知っているはずだ!なんということをしたのだ!世界のバランスを崩す気か!」
天龍達とて本当に不死ではない。生きるために必要な核と呼べる魂は天龍達も持っている。そこを突かれてしまえば消滅してしまう。
悪天『我なら無事、とはいかないが消滅はしていない。魂を消される前に別のところへ逃げた。ぬしらも逃げたほうが良い。我の弟子がそちらに向かっとるからな』 
だが、その心配は杞憂に終わったようだ。そして、彼等は悪天龍の弟子を招き謝罪ののち消滅させられることを恐れ別の魂に潜り込んだ。
こうして2代目天龍達が誕生したのだった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く