死神始めました

田中 凪

大昔の出来事2

彼等は自分達が作った世界を静かに見守っていた。そして、稀に発生するイレギュラーな魂を拾っては管理者として育て、使っていた。
悪天「創天龍よ、すまぬが、別の世界を作ってもらえるか?」
創天「なぜだ?お主の能力で奴らは何もできないはずだが?」
悪天「そろそろ限界なんですよ。人の欲とは恐ろしいものよね。たった数百年で幾億もの悪魔が作れるほどの欲を作るなんて」
死天「そもそも、人間の数が多いもっと減らしてもいいと思うのだ」
命天「えぇ、少し人間が増えすぎましたね。彼等は次々と新しいものを生み出していく・・・そして、その分の欲も膨れ上がってしまっている」
破天「では、われがやっても良いのだな!銀河の1つや2つ、消しても問題なかろう?」
悪天「おや、では私の悪魔も発散させて消さないと数が多すぎちゃって困るのよね」
死天「われの仕事のことを考えてはくれぬのか?!」
いつしか、話は悪魔を収容する別世界を作ることから、銀河を何個潰そうか、という議論に発展していた。

結果、今回、潰すのは2つの銀河ということになったのだった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く