死神始めました

田中 凪

第218話 1年後

俺らがラール大陸を見つけてから1年がたった。その頃になると国家間での貿易も行えるようになり、ちょっとしたいざこざはあるものの比較的平穏な日々を送ることができていた。
浩「さて、んじゃ第5回大陸間世界会議を始めましょうか」
まあ、会議と言っても各国の現状報告を少しやって、あとは、普段の公務の疲れを癒すために風呂に入ったり、みんなで遊んだりするだけなのだが・・・
そして、やはりと言うべきなのか
浩「悪魔達の出現頻度が高いですね」
ラー「そのようだな。ラール大陸では百年に一度、悪魔の軍勢がやってきていたのだが、まさか、この大陸とを交互に攻めているとは思いもしなかった」
各国の文献を集め、悪魔の軍勢の目的を探ろうとしていたのだが、襲ってくる年がを計算すると、約50年おきで2つの大陸を攻めていることがわかったのだ。
ラグ「しかし、妙だなこの大陸に攻めてきたのは去年のことだったのだがな・・・」
アー「また仕掛けてくる可能性が高いかもしれぬな」
今年はなぜか悪魔が各国で月に一体ほどが出てくるようになったのだ。
浩「一応、各国には対悪魔兵器をもう少し多めに貸し出しておきますね。これでいざという時もある程度対応できるはずです。さて、今日はこのぐらいですかね?」
会議に参加しているトップ達は頷き、互いに真剣な表情からはしゃぐ子どものような表情に切り替える。
さあ、お楽しみの時間の始まりだ!

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く