死神始めました

田中 凪

第215話 久々に殺っちゃいますか2

レイ「待たせたようで悪かったな」
そう言って部屋に入ってきたのは丸々と太った・・・オークよりもありそうな無駄肉を身体中に大量につけたおっさんだった。
浩「そうだな。こちらとしても暇ではないのだ。あまり待たせないで欲しかったな。名前は楠  浩太だ」
レイ「我はレイギス=ミドルッチだ」
浩「それで?何の用だ?」
レイ「その前に口を慎みたまえ、平民。」
うっわ、こいつ貴族だからってすごい傲慢なヤツだな。
浩「嫌だね。あいにくと、敬語は苦手なのさ。それよりもさっさと用件を言え」
レイ「貴様!調子にのるな!貴族に敬語を・・・」
俺は国賓の証を見せる。
レイ「そんなバカな!このような平民の、しかも人間に国賓の証など!ウソだ!」
浩「本物だぞ。これ以上は国王様への反逆とみなされるぞ」
レイ「うるさいっ!!最近国王に会っているものがどんなものかと思えばこのような人間だったとはな!王陛下も堕ちたものよ」
あ〜あ、言っちゃった。
浩「それは、国王様への反逆とみなしてもいいのだな?」
じゃあ、拷問でも始めy・・・
兵「国王陛下のお達しによりレイギス=ミドルッチ貴様を、国家反逆罪の罪で逮捕する!」
衛兵が先に来やがった。
レイ「なっ!貴様、計ったな?!」
浩「計った?たまたまですよ。」
兵士達が手早く縄でレイギスを縛り連行していった。
兵「国王陛下から、『ヤツの捕縛に協力してもらい、感謝する。礼はヤツの拷問権でどうだ?』との言葉を承っております」
ふむ、なぜあの国王は俺のやりたいことがわかっていたのかな?そこが気になるけどまあいいや。
どのみち殺れるんだもんな。ふふふふふ、楽しみだ。あいつがどんな汚い声で泣き叫ぶのか見ものだな。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く