死神始めました

田中 凪

第213話 ドワーフ達をなめてました4

あの謁見から1週間後、俺はまた王城に呼ばれていた。
ユス「コウタどの、これを見てくれ。」
そう言って渡されたのが、履帯だった。
浩「こんな短い時間でよくできましたね。」
ユス「そうであろう。ワシも国務をほっぽって打ち込んでおったからの。」
いや、それはアカンやろ。と、浩太は思うのだった。
ユス「同じ大きさに揃えるのに苦労したわい。」
浩「規格化のことか。俺も詳しいことは知らないんだが・・・」
ユス「そうであったか。ところで、これをどうやってつけるのだ?」
浩「それは、今付いてる木の車輪と同じようにつければいい。」
ユス「なるほどの。それと1つ忠告しておこう。わしのところのバカ貴族が主にちょっかいを出そうとしておるのだ。」
浩「そりゃおもしろそうだな。ご忠告どうも。そんじゃ、戻らせてもらうぜ。」
ユス「ちょっと待て、これを持って行くが良い。」
ユストフはそう言って、何かを投げ渡してきた。
浩「これは?」
それにはドワーフ王国の蜜蝋が押されていた。
ユス「それは、国賓の証じゃ。それを使えば、貴族どもを黙らせられるぞ。」
浩「ありがたく使わせてもらうよ。」
フフフフ、ちょっかいかけてくるやつなんて久々だから腕がなるなぁ。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く