死神始めました

田中 凪

第212話 ドワーフ達をなめてました3

俺たちは話し合いをするためにまた、王都へ戻ってきた。
浩「それにしても、蒸気機関を飛ばしてエンジンを開発してくるとはね。」
飛「うん。ほんと、ビックリだよ。でもさなんでそれ以外のがダメなんだろう?」
ユス「さっきから何の話をしておるのだ?」
浩「さっきの戦車についてだよ。」
ユス「それで、今、ワシらも課題としておる所を一発で見抜いたのだ?」
浩「同じものを作ったからよく分かるんだよ。」
まあ、嘘だけど。
浩「それでですね、木製のものではあの巨体を支えるのは無理です。そこで、この鉄のベルト、履帯の登場です。」
ユス「それはどのように作るのだ?」
浩「まあ、このような感じです。」
俺は口で説明するよりも実物を見せたほうが早いだろうと思い、履帯を渡す。
ユス「ほう、これが履帯とやらか。形も自由に変わる。ふむ、なるほど。」
浩「とまあ、そんな感じになっているのです。で、それを回す転輪なのですが・・・」
こうして、戦車の話しかせずに謁見が終了した。
一応、こちらの要求も聞いてもらったのでまあ、大丈夫だろう。(?)

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く