死神始めました

田中 凪

第205話 護衛依頼5

翌日、朝はやくに町を出た。ここから王都までは街道があるので森の中にいた時ほど気を張り詰めなくてすみそうだ。それに、聞いたところによると襲ってくるのはゴブリンかコボルトのような雑魚魔物と、それよりも少し強いぐらいの盗賊だけなんだとか。
飛「暇〜。」
いやいや、暇〜、とか言いながらゴブリンの群れを蹂躙してるなんておかしいでしょ、飛鳥さん。
レン「あらあら、そんなこと言いながらゴブリンを蹂躙してるなんて面白いわね。」
レンメルさんもなんか、その辺の感覚ずれてきてない?普通は驚くとこだよね?はぁ、もういいや。
お昼の休憩を取った後も特になにも起きずに順調にすすんだらしい。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く