死神始めました

田中 凪

第194話 骨の拷問

とりあえず、名前だけはききだせたのだが、それ以外については全く話してくれない。
というわけで拷問します。
まあ、骨が怖がるものと言ったらあれぐらいしかないでしょ。
もう一回、確認だけしとくか。
浩「なぁ、あそこで何してたのか話してくれよ。」
ラル「嫌だと言っているだろう。というかどこだここは!」
浩「そっちが答えてくれるなら答えてやるよ。」
ラル「嫌だな。」
浩「そうか、んじゃあ楽しんできてね〜」
ラル「何をする気だ!あぁぁぁぁぁ!!」
俺はラルクをあるところに投げ入れた。
そのあるところとは、ウィンドウルフの歯が生えてきてちょっとガジガジしたいなぁ。と思っている頃であろう赤ちゃんを飼っているところだ。
その予感は見事に的中したようで、すぐに凄まじい音が響いてきた。

カリカリカリカリカリカリ

ラル「やめろ!そこを噛むな!あ、それ以上ワァァァァ!!わ、わかったから、話すから出してくれぇぇぇぇぇぇ!!」
折れるのも早かった。つまらん。そう思いつつも救出し、組み立てる。
ラル「ふう、もうあんなものはごめんだ。それでは、話すとしよう私の過去を・・・」
そう言って、彼は語り出した。自らの過去を。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く