死神始めました

田中 凪

第178話 王国会議その1

・・・俺がついたのは港町ルーマーの属する王国、ワシル王国の王都レプラナントである。
立派な城門で検査を受けるのかと思ったら、領主がいるので受ける必要はなかった。
宿も豪華なものでマジックアイテムがたくさん使われていた。
部屋もデカイし。俺1人じゃつかわねぇだろって思うほどの巨大ベッド。
うーん、落ち着かない。
アレミトたちでも呼ぶか?いやいや、それはさすがにまずい。なんかいらない騒ぎが起きそうだ。会議は3日後らしいので下手に依頼を受けられないし・・・




というわけで、ほぼ部屋に篭ってました。スマホいじって、地球のニュースをずっと見てました。食事?それなりに美味しかったですよ。
とまあ、久々のインターネット(?)ライフがおくれたので、かなり元気である。
アミ「浩太殿、準備はできておりますか?」
浩「ああ、できてる。」
さて、いよいよ王城か。あぁ、嫌だなぁ。
城に入ると別の貴族のものと思われる馬車がたくさんあった。
その中の1つからポッチャリと言うよりもう、デブの中年男が近づいてきた。
レー「やあ、お久しぶりですな、アミニウム公爵殿。」
アミ「これはどうも、レーザ子爵。」
ふぅん。この人がレーザ子爵っていうんだ。贅沢三昧してそうな体型だな。
すると、レーザ子爵は俺に気がついたようだ。
レー「おやおや?そのお方は?」
アミ「それは後ほどわかることです。余計な詮索をしないでもらいたい。」
さすがに、立場的に上の人から言われれば、彼も引くしかないだろう。
その予想は大方当たったようで、彼も渋々ながら離れていった。
浩「助かったよ。1つ借りができたな。」
アミ「いえいえ、礼には及びませんよ。」
浩「そういうわけにもいかないよ・・・いずれ返そう。」
アミ「ありがとうございます。」
さっきのやりとりを見るに、領主たちは一癖も二癖もありそうだ。
・・・そう思うとちょっと気が沈んできた。
まあ、今日は挨拶だけだからな。大丈夫なはず。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く