死神始めました

田中 凪

第176話 書類整理

エイ狩りを楽しんだ翌日。俺は自分の部屋で大量の書類とにらめっこをしていた。
だいたいは、この国のこの村で店を作っていいかとかだ。
俺は、それに関してはすごく適当にやっているので最初の一行を見たあとハンコをどんどん押していく。
そして、意見ボックスの中に入っていたものは
『子供達の遊び場を。』
『農作物が高いのでどうにかしてほしい。』
『学校を作ってほしい』
などである。
まあ、午後から暇なので意見のあった村へ向かう。さすがに、地面まで石で覆っているわけではないので、畑を作るのは簡単だ。
だが、学校を作るのは難しい。だって、教師がいないから。ここが解決したら作るとしよう。

その日の夜は、腰の痛みに耐えながら寝た。 
どこのジジイだ!ちくしょうめ!俺はまだそんな歳ではないやい!
はあ、何やってんだ俺。
あ、明日の朝飯は、エイの蒲焼きでも作るか。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く