死神始めました

田中 凪

第175話 観光とクエストその2

俺らは町を出てからすぐに陸エイの群れと遭遇した。
なぜか陸エイが泳いでいたのだ。君ら地面泳げんのね!!どうやって移動すんだろなぁと思ってたけどさ、まさか地面泳ぐなんで思わないでしょ!つかはえーよ!俺らが近づいた瞬間に逃げるとかおかしいだろ。俺らがどんだけ怖いんだよ!しかも攻撃もせずただひたすらに逃げるだけという・・・本当傷つくわぁ。そろそろ本気出して狩りに行くか。
俺はみんなに合図をする。
すると、みんなが一瞬にして消えた。否、目に見えない速度で移動し陸エイの群れの真上にいた。さて、俺も加わるとするか。
多分みんなの魔法じゃ下に潜って逃げてる奴らには当たらないだろう。というわけで【大地ノ怒り】!
要は地震である。どれだけカッコよく言おうが地震である。
くっ、今謎の精神ダメージ入った。
まあ、この魔法は成功し、陸エイたちが飛び出てくる。そこをアレミトの拳が、飛鳥の剣が、マルト、フラスタ、ヘルプさんの魔法が次々と殺していく。
確かエイって食べれたよなぁ。
俺は、どうでもいいことを考えていた。
さーて、あとはギルドに戻って報告するだけだな。

ギルドで驚いた顔をされた。
それもそうだろう。中堅ランクの冒険者パーティ数組で行い討伐できるのを新人がたった数人で殺したのだから。
しかも、20匹ほどの群れを、である。ギルドマスターは俺らのことを知っていたので大して呼ばれることはなかった。
急いで帰って溜まっているであろう書類整理しなきゃ。はあ、しんどい。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く