死神始めました

田中 凪

第174話 観光とクエストその1

俺達はギルドをあとにし、近くの屋台や魔法道具、武器屋などに繰り出した。
この町は港町なので、海鮮系の屋台が多かった。特に、痺れうなぎの蒲焼はうまかった。
魔法道具では、ヨロイ真珠のネックレスや海水で育てた薬草の回復薬があった。前者は、飛鳥が欲しがっていたので買った。
この他にも何かいい物はないかなぁ?と探していると、市場にてある食べ物と出会う。そう、この世界ではほとんど食べられることのない海藻だ。中には昆布らしきものや、ワカメがあった。あと味噌がそれいさえすれば味噌汁が作れる!そう心の中でガッツポーズをした。そのあとは自由行動とした。
ちなみに、アレミト達は町でかなりの数のナンパにあったようだ。なぜか、下心丸出しで接してくるんじゃないわよ!と俺が怒られた。
ナゼダ!ナゼコウナルノダ!
とりあえず、【ワープ】で自分達の部屋に・・・なんてことはせずに少し良さげな宿屋に入った。
一泊、30Gは少し高いと思う。
まあ、食べ物が美味しかったし、風呂もあったので良しとしよう。

翌日、朝早くからギルドへ向かっていった。もちろんクエストを受けるためだ。
手頃なものとしては、陸エイの討伐というものだった。陸エイはなかなか地上に姿を現せず、獲物がかかったら姿をあらわすという厄介な相手だ。
油断してたらやられそうだね。
気を引き締めて行こう。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く