死神始めました

田中 凪

アレミトから見た浩太その1

浩太は、初めてのクエストを期限ギリギリのサンダーウルフの討伐というものを選んだ。
バカなの?!死にたいの?!
期限ギリギリってことはそのクエストの報酬が割りに合わないか、高ランク冒険者でないとクリアできないから、ギリギリまで放置されてるんだよ。これは何が何でもやめさせなければ。
そう思っていても、最初に出た言葉が
アレ「浩太ってバカなの?」
である。
浩太は、目を数度パチパチさせてから
浩「?なんで?」
えッ!?サンダーウルフの危険度知らないの?これは是非教えてあげなきゃ。
アレ「サンダーウルフはあのオルリント大森林に住む魔獣だよ?!ランクB+の冒険者5人のパーティでようやく倒せるぐらいの強さなんだよ?!」
浩「?だから?じゃあアレミトはついてこなくていいよ。」
うぇ?!そ、それはヤダ!でも、サンダーウルフもヤダ!
アレ「し、仕方ないなぁ。じ、じゃあこのアレミトお姉さんが、つ、つつつ付いて行って、あ、あげるよ。」
浩「足すごい震えてるよ。」
うっさい、気にすんな!
アレ「そっ、そんなわ、訳ないでしょ。」
浩「んじゃこれの手続きしてくるわー。」
浩太は、受付の人にも何か言われたようだ。だが、とうの本人は気にした様子がない。
・・・とんだアンポンタンを仲間にしちゃった。
と、私は思っていた。町を出るまでは。
だって、固有魔法の【ワープ】使えるんだよ?!普通、人間国宝級になっててもおかしくないよ!
この他にもなんか、相手の動きを止める魔法も使っていた。浩太って一体何者なんだろう?
考えても仕方ない?そう思いつつ浩太を見ていると、アイテムボックス?!これも持ってる人少ないのに。ますます、謎が深まるばかりだった。
そして、当然のごとくギルドマスターのお呼び出しを受けた。
うわぁ。ギルドマスター室なんで初めて入った。
しばらく、ギルドマスターを見ていると、顔を真っ青にしていた。
うんうん、わかるよその気持ち。
私は、密かにギルマスに同情した。
さて、次は宿屋の確保だよね。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く