死神始めました

田中 凪

第172話 異世界のGその3

俺はあのG達をどう討伐するか考えた。
結果、追い込んで集中砲火。ということにした。
まずはSPICとT54で所定のポイントまで誘導してもらう。
マップを確認したところまだ、群れで行動していた。

さて、SPICくん達が誘導してくれている間にFV215b183を10両ほどだす。
お、きたきた。
・・・そこからは一方的な蹂躙だった。うん。最初っからこうしておけば良かった。
そのG達は現在進行形で燃えている。榴弾を数発撃ったら爆発した。結構、燃えやすかった。なんだよ。炎属性の魔法を乱発すれば終わったのかよ。
このことを一応報告しておく。すると、
「そんなことをできるのは浩太さんだけだと思いますよ。」
と言われてしまった。そんなもんかねぇ?ただ、炎の巨大玉ビックファイアボールを5、6発ぶっ放せば自然と爆発する。って言っただけなんだけどなぁ。あとでアレミトたちにも言ったが、引かれてしまった。うーん、わからん。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く