死神始めました

田中 凪

第164話 新大陸その3

浩「ちわーっす。向こうの船から来ました〜。」
兵10「だ、誰だ!貴様は!?」
浩「え?だーかーらー、向こうにある船から来た交渉人だって言ったろ?」
兵12「ならば、立場をわきまえて礼儀正しくしたらどうなんだ!!!」
礼儀?知ったこっちゃないなぁ。おいらそんなことわかんないからさ〜、そこら辺は勘弁してくれればいいんだけどな。
浩「なぜですか?あなた達の船なんて私の命令1つで沈みますよ?それどころかこの町自体潰せますよ?」
しばらくの沈黙
浩「その顔は信じられないって感じですね?・・・いいでしょう。ちょうど同じくらいの距離に森がありますし、そこに撃ち込んであげましょう。」
ここでしっかりと撃ち込めれば少なくとも、この国だけには脅しが効くはずだ。そこから色々面倒くさくなるかもだけど。
兵11「そんなことできる訳がない!」
浩「ってなわけだから、1発かましちゃっていいよ。なあ?」
アラ「あ、ああ。あそこには何もないからな。」
お、この船のボス的な人が出てきた。これなら、ある程度話が通じるかもな。
浩「うし、1発だけでいいからな。」
兵5「はっ、砲手準備はいいか?!」
砲1「はい。すでに目標地点はセットしてあります!動かずに撃つのなんて簡単ですよ。」
兵5「だそうです。発射許可を。」
浩「許可する。」
兵5「撃てー!!」
ドオォォォン!!!
爆音とともに、直径約46cmの弾が飛んでいく。そして、目標地点にしっかりと命中した。今回のは貫通させるのが目的の弾だから爆発はしない。だが、届くはずがないと思っていた者達の顔がどんどん青ざめてきた。ちょっと面白い。
アラ「はっ、いったい今のは?!」
浩「とりあえず、こっちに争う気はないよ。」
アラ「・・・そうですか。それはよかった。申し遅れました。私、この港町ルーマー海兵隊隊長アラナ=ワーナと申します。」
浩「俺は、別の大陸のオルドリッジ公国ってとこで国王をやってる楠  浩太だ。」
アラ「聞いたことないですね。」
浩「そりゃそうだろ。俺だって初めてだもん。」
アラ「ではなぜ、これ程までに流暢りゅうちょうに話すことができるのですか?」
浩「んー、立ち話もなんだし、どっかで座って話をしようか。」
さて、どうしたもんかな。下手に戦争にはなりたくないしな。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く