死神始めました

田中 凪

第154話 シゴキの時間その3

大鍋を取り出し大量に煮込み料理を作る。
いやー、よく食うもんだな。大鍋20個があっという間に空になったな。びっくりしたわ。
「いえいえ、だってこんなところでうまい飯が食えるんですよ?普通だったら干し肉と星パンぐらいなもんですよ。」
と、ある冒険者が言っていた。
「よーし、じゃあ食ったら寝るぞ。明日は早くからあそこに潜るからな。」
途端に冒険者の顔が青くなった。まあ、明日は潜った後すぐに変装させたランクB+冒険者さん達と模擬戦やるんだけどな。ふひひ、楽しみだなぁ。

翌朝

浩太お手製の朝食を食べた後、地獄の猛特訓が始まった。昨日まではゴブリンだけだったはずがオークやコボルトまでいる。ここに集められた冒険者達の悪い癖がまた出てしまい、返り討ちに遭ってしまう。
「コボルトごときがなんでこんな剣の扱いができんだ!」
「知らねぇよ!どうせあの人の仕業だろうが!」
「ああ、オークまで来やがった!一体どうなってんだ!」
という訳で今日も1階層で全滅しましたとさ。
その後の模擬戦でも舐めてかかり 全滅。ご飯抜きの刑まで貰ってしまったとか貰わ無かったとか。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く