死神始めました

田中 凪

第152話 シゴキの時間その1

ここはオルリント大森林にある迷宮の入り口付近。ここに数百名、いや下手をすれば千人に届くであろう人数の冒険者が集まっていた。そして、今その者達が見ているのはこのこの世界で最初にS+というランクまで上り詰めた楠  浩太である。
「〜〜という訳でお前達にはこの迷宮の中に潜ってもらう。もちろん、他のパーティと組むこともできる。そこは各自の自由だ、」
この迷宮はかなり強いゴブリンというよりゴブリンしかでてこない迷宮である。浩太の説明を聞いていた冒険者達はどんどんと顔が青ざめていく。
「あ、言っとくけど逃げようとするなよ?日が暮れたら俺が迎えに行くし、干し肉とかは俺が用意しておいてやる。じゃ、始め!」
だが、誰も動かない。
「さっさと行けこの野郎!」
もういい、【ワープ】で強制的に送ってやる!
【ワープ】で強制的に迷宮へ入れられた数分後、慢心していた者達は悲鳴をあげることとなった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く