死神始めました

田中 凪

第142話 神殺しと呼ばれた男その2

「あんたを殺しにきた。」
その言葉が開戦の合図となった。
エイブラムは小手調にと【フレイムランス】を放つ。浩太もその意図に気付いており同じ魔法で相殺した。次の瞬間彼らは接近戦を行っていた。
「これでも喰らえ!【ダブルスラッシュ】!」
浩太が珍しく先に仕掛けた。
「そんなもの・・・クッ!なんでパワーだ。」
それを受け止めようとしたエイブラムだが、浩太の圧倒的なパワーにより近くにあった木にぶつかる
本来ならば全身の骨が数本おられているところなのだが・・・
それでもあまりダメージを受けていないことからかなりのやり手であることがうかがえる。
「いい、実にいいではないか!燃えてきたぞ。」
と、叫び浩太の元へ直進してくる。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く