死神始めました

田中 凪

第140話 悪魔大戦その8

なぜこうなった!?
悪魔王のギシュタル=エールは心の中でそう叫んだ。
なぜなら、彼らは数十万の兵士(悪魔)らと共にこの道を進軍し勝利は我が手にあり、と思っていたからである。しかし、実際に戦いが始まればあちら側からの一方的で、よくわからない奇妙な兵器をこれでもかと言うほど浴びせられ何もできないままに負けたのだから。そして、今手元にある兵力はわずか数十ほど。・・・文字通りの意味で壊滅だった。
まあ、あと数百年も経てば率いていた人間は死に技術も失われていくだろう。その時に攻めこめばいいだろう。
と、すぐに考え直した。・・・残念なことにその率いていた人物が死なないという事を知らなかった悪魔王である。
その頃、浩太達一行は辺りに残っている悪魔がいない事をしっかりと確認してからそれぞれの町へと戻って行った。(正確には浩太の【ワープ】でだが)

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く