死神始めました

田中 凪

第131話 そうだ、扇風機を作ろうその3

「えーっと、磁石ってどうやって作るんだ?」
浩太は自室でそのことをずっと考えていた。・・・スマホや【ヘルプ】があるというのも忘れて。
「うーん、なんだ・・・あ、スマホあるじゃん。」
ようやく気付いたようだ。
「なになに、フェライト、アルニコ、ネオジウム、サマコバ、希少土だって?なんだそれ。それに、磁性体ってなんだよ・・・」
と悩んでいると、【ヘルプ】さんの声が聞こえた。
『スキル【万物創造】を入手しました。これに伴い、【武器創造】ほか、数個のスキルがが【万物創造】と能力が被ってしまうので削除しました。』
えー、何それ、つまり今まで空気から鉄、鉄から武器ってやってたのが、空気からいきなり鉄製の武器ができるってことか?!
『そうです。』
それって何気にチートなんじゃ・・・
『問題ありません。この世界においてはマスターはいるだけでチート的存在ですので。』
なんだろう、さらっとディスられてる。
『それはそうですよ。悪意を込めて言ったんですから。』
あれ?会話が成立してる。しかも、【ヘルプ】さん何気に感情も持ってる気が・・・
ま、いいや。これで磁石がポンと出せるな。
少し念じただけで出てきた。うん、俺の知ってる棒磁石と似ている。これを好きな形で出せる訓練をした。
「何はともあれこれで扇風機作りが一歩前進だな。」
と独り言をこぼすのだった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く