死神始めました

田中 凪

第123話 天界では・・・

天龍達の住む天界では死天龍、命天龍、創天龍、破天龍が集まり会議をしていた。招集をかけたのは死天龍だった。
「今日集まってもらったのは、初代天龍様達の魂の欠片が見つかったためだ。しかも、8つ全てな。」
「そ、それは本当か?!」
「本当だ、我が直接見て魂鑑定をした結果だ。」
「それは、ちょっと前にお前が転生させた奴か?」
「ああ、関わっている。関わっているのだが彼はいろいろ特殊でな。」
「そうか、だが洗いざらい話してもらおう。」
「元からそのつもりだ。では話そう。まず最初は、マルト=フレイだ。彼女は初代命天龍様の欠片を持っている。
アレミト=ステファンは初代創天龍様の欠片を持っている。 
木戸  飛鳥これは初代破天龍様の欠片を持っている。
フロスタ=エルモナは初代死天龍様の欠片を持っている。
最後に楠  浩太だが、彼は全ての初代天龍様達の魂の欠片を持っている。」
その言葉には全ての者が驚愕した。
「な、そんなことが・・・」
「そうであるならば、魂の大きさが2倍以上になるはず・・・」
「あ、ありえん!」
「事実だ。しかし、これでようやく奴を殺せるかもしれんな。初代天龍様達の魂を引き裂いた悪魔を・・・」
「だな。」
「死天龍の言葉を信じよう。」
「信じるしかないな。」
その後しばらく話し合いをしてから解散となった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く