死神始めました

田中 凪

第118話 世界平和維持団体その1

あれから、死天龍を痛めつけていたずらをさせないようにしてから目が覚めた。正直寝た感じがしない。だが、神類となった今はそれほど睡眠がいるわけでは無い。2、3週間連続で起きていても問題無いぐらいだ。さて、今日はいろいろあって忘れかけていたが、世界平和維持団体とやらを潰そうと思う。

「暇だよな。」
1人の見張りがそう呟いた。そのつぶやきに対しもう1人の見張りが
「ああ、それはそうだろ。こんなデカイ組織相手に敵対する奴なんていないだろ。」
と、答えた。直後、空間がゆがんで中から男1人と女2人が出てきた。
「お、おいすぐ上に報告してこい。」
「あ、ああ」
そう言って1人が駆け足で建物へと入っていった。
「そ、それで何の用でございましょうか?」
「ん?ああこの件に関してだ。」
と、男が紙切れをもらったので開いて読んでみる。だが、ピンとくるものがなく首をかしげていた。

あ、だめだ。やっぱり下っ端ぽいな。そう思いつつ上の人が来るのを待った。しばらくして事情を知ってそうな奴が出てきた。
「まずは代表と面会してもらおう。それと名前を聞かせてもらおうか。」
「ああ、分かった。俺は楠 浩太だ。右にいるのがアレミト=ステファンで、左にいるのが木戸 飛鳥だ。」
「・・・わかった。ではついてきてくれ。」

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く