死神始めました

田中 凪

第109話 面接その1

1週間が経った。それはつまり実技試験終了の合図である。もっとも、冒険者達が寝ている間に転移させただけなのだが。実技試験の合格者は33251人、不合格者24512人、行方不明(他の者達は記憶を消されているため何も知らないのだが)5020人である。最後に面接試験を行う訳だがその前の準備期間として3日用意した。また、冒険者達が倒したモンスターの買取は普通の値段の倍にして買い取った。そのおかげで俺の財布がピンチになりかけているのだが。

3日後

「まずは君の特技を教えてください。」
「はいっ!私の得意とするものは、風属性魔法と弓術です。」
「私は・・・」
「私は・・・」
「では、次になぜ入ろうと思ったのかを言ってください。」
「私は、元々騎士団に憧れを持っていたのですが性別の都合でなかなかとってもらえずにいたのですが、男女問わずとのことだったので。」
女の希望者はだいたいこんな感じだった。と、まあこれを10人ほど繰り返して終わる。正直疲れる。しかもそれを何千回も続けていられないので分身をつくり行う。俺は途中で疲れたので抜け出しオルリント大森林にてモンスターを狩りに行っていた。そのおかげで財政難は逃れたが・・・まあ、財政難のままで面接もろくにしていないであいつらのとこにかえれる訳が無い。帰ったら殺されるからな。と考えつつ面接をしているのだった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く