死神始めました

田中 凪

第102話 帝国皇帝救出

コーリナムが持ってきた重要機密文書にとは、ある日記である。内容としてはあの4人の竜が、皇帝を地下牢に押し込め皇位を譲るように拷問をした。と、書かれていた。これを緊急国際会議で見せるとすぐにでも助けに行こう。と言う声が多かった。どうせここで帝国に恩を売っておけば自分達が有利な立場になる。と、考えたからであろう。だが、帝国の全戦力を把握できていないのでやめた方がいい。と、説得した。さて、今はその問題の地下牢にいるのだが・・・見張りがほとんどいなかった。え?まさかあの4人?だけでやってたのか?まあ、それなら楽でいいのだが。
男はある場所につられていた。殺される寸前だったそこへ、一つの足音が聞こえた。
「あのことなら決して了承せんぞ。」
「違いますよ。あなたをお連れしに参った者です。」
「幻聴か?あやつらがやられたとでも?」
「ええ、私がてん・・・なんでもないです。殺しましたよ。」
「貴様、奴らの使いか?」
「いいえ、違いますよ。とにかく私を信じてください。」
「信じぬ!」
「・・・わかりました。ではここは開けておきます。」
「そう言って俺はその場を後にした。
数分後に皇帝が出てきたのは言うまでもない。
「本当に良いのだろうか?」
出た時にはその質問に答える者はいなかった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く