死神始めました

田中 凪

第99話 帝国との1対20万の戦争開始

あれから3週間後俺は神龍化改め、天龍化を使って見晴らしの良い丘まで飛んでいる。帝国軍が予想よりも早く入ってきたのだ。偵察部隊からは何やら奇妙な兵器があったとのこと。さて、人の姿に戻って帝国軍が来るであろう場所に仁王立ちしていた。少しして、
「どけぃ!帝国軍が通るぞ!道を開けろ!」
「遅いんだよ。早く始めようぜ。」
「貴様、いったい何者か!先ほどから無礼であるぞ!」
「この国の王ですが何か?」
「な、あ、ありえん!貴様が楠  浩太か!ならば、その首打ち取って土産としよう。」
「残念ながらできっこ無いよ。」
そう言って俺は相手の懐へ飛び込み蹴り上げる。
「ウガッ?!」
何が起きたのかもわからず死んでいってしまっただろう。
これでようやく、俺が敵であると認識されたようだった。
「敵襲だ!中将がやられた!」
こうして、戦争の火ぶたが切って落とされた。
むこうのほうは、若干動揺が走ったのは言うまでも無い。
そして、
「中将の敵だ!かかれ!」
誰か1人が、そう言った。そせて、帝国軍は動き出した。
ある者は剣を振りかぶり、別のある者は援護魔法を発動させていた。それらを全てかわし、どデカい魔法をぶっ放す。
「【ギガントクラッシャー】」
これは、人為的に地震を起こす魔法だ。この世界の人達は地震に耐性が無い。そのため大慌てになる。
「な、なんだこれは!?」
「う、ウワァァア!」

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く