死神始めました

田中 凪

第98話 ドタバタな朝


朝から浩太はアレミトと飛鳥の2人の下敷きにされていた。
「お、重い」
その言葉を言ったと同時にアレミトが起き出した。
「?なんか言った?」
寝ぼけているようだ。ほっとしながらも一応警戒して、
「な、なんでも無い。と、とりあえず早くどいて。」
「酷くない?!」
あ、飛鳥も起き出した。まずいこれは面倒くさいことになったな。
「私達が重いっての?」
威圧のこもった眼差しと、言葉遣い。あ、怒ってる。
それは、ねえ?だって2人も上に乗ってたら息もしづらいし、それに時間が・・・
「いや、そう言う訳じゃないんだけど時間が時間だし。」
「え?ほんとだもうこんな時間!急がなきゃ!」
と、言って飛び起きる。
「痛いんですけど?!」
「ゴメンゴメン」
謝る気0じゃねぇかよ。
てか、朝飯作ってねぇ!急がなきゃ。
今日は、パンとスープだけにしよう。時間無いし。
朝食を済ませたあと俺は、兵舎へと向かった。
「えー、これからお話しすることはとても重要なことです。よく聞いてください。我々は帝国との全面戦争になりました。たぶん、帝国の皇帝も来るだろう。そして、俺の援護は一切するな。俺が全て潰す以上だ!」
「「「はっ!」」」
よし、あいつらもさほど嫌がってはいなかった。全力で叩き潰してやろう。そう思い城をでた。そして、この国に住んでいたりする人達にも同じように説明をする。まあ、あんまり心配していなかったようだった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く