死神始めました

田中 凪

第82話 復讐の時間

よ〜〜〜やく、終わった〜。え?なにが終わったかって?それはもちろん、一ヶ月の謹慎ですよ。さ〜〜て復讐といきますか。まずは、アスラマ王国のライゼル=カーラマからだな。王様には話を通してある。王様もその人とかなり衝突して殺されかけたことがあったらしい。そして、その決定的な証拠を掴みお取り潰しをしようとしていた時にきたので、むしろ積極的に許可してくれた。家を壊して打ち首にしてもいいとのこと。打ち首になんてしないよ?俺に手を出してきたことを後悔させるまでず〜〜〜〜っと拷問し続けてやる。

ここだな、まずは正面から。
「おいっ!ここはアスラマ王国の貴族の家だ・・・ゴブァァ!」
邪魔な門番は殺す。
「敵襲!!敵襲だ〜!!」
これによりどんどんライゼルの紙幣が出てくる。それは二人に任せて俺はライゼルの元へと急ぐ。
ここかな?ドアを壊してみる。
「き、貴様何者だ!私が誰だか知っているのか?!」
うん知ってるよ。俺が今最も復讐したい相手だからな。
「こんなことをして許されるとでも思っているのか!」
と、いうので、お取り潰しの令嬢を見せる。
「な、なぜだ!?あの証拠は誰にも見せていないはずだ!」
「てな訳で、お前を拷問してやるよ。」
お楽しみタイムが始まった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 田中  凪

    コメントありがとうございます。言ってなにが悪いんだ(開き直り)

    2
  • ショウ

    拷問って言っちゃったよw

    3
コメントを書く