死神始めました

田中 凪

第76話 とある場所にて・・・その1

薄暗く酒の匂いが充満している酒場。そこでは、ある者達が酒を飲んでいた。
ヨハン、サラナードそして黒いローブをかぶり顔を隠した者が数名。彼らは全員ある組織に属している。そして、冒険者ランクは、A−である。
「クソが!だが、アイツの能力は大体わかったぞ。これで次に会った時には殺せる。」
「本当か?」
「ああ、コイツらに観測させたおかげで大まかなデータは取れたからな。」
「だが、やるんだったら簡単には殺せねぇな。いたぶってやらないと俺の気がおさまらねぇ。」
「ハハッ。そうだな。いたぶってやるとしよう。」
「団長の許可を待たなくていいのか?」
ローブをかぶった男が聞いてくる。
「ああ?もちろん待つに決まってんだろうが。じゃないと消されちまうからな。」
「そ、そうだな。では団長の許可を得たら即決行でいいな。ところで何人でいく?」
「そうだな・・・・」
彼らはその提案を聞き驚いた。団長にまで出てもらい総戦力で殺す。と言ったからだ。
だが、彼らは知らない。そこにターゲットの分身がいることを・・・そして今ここでその人生が終わることも。


やっぱあいつらを追跡させておいてよかった。反逆の芽は早めに摘み取っておかなければな。と、いうことで俺は分身にあいつらを殺すように命じておいた。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く