死神始めました

田中 凪

第75話 お説教タイム☆

閉会式が終わって分身を回収して戻る。さーて戻ってまいりました、俺の国!そして修羅場とかしているであろう城!正直帰りたくねぇ。でも帰らなかったらもっと大変だしな。
「たっだいま〜。武闘大会で優勝してきたぞ〜。」
「よくぬけぬけと帰ってこれたもんだの浩太。」
「ちょっとお話ししようか。」
ぞわわわわ。ちょ、怒りすぎでしょ。
「な、なんでそんな怒ってるんだよ!?」
「「わからないわけ?あんたが書類溜め込んでそのまま逃げたからでしょう。」」
「逃げたとは失礼な!俺は武闘大会のお誘いがきたから行っただけだ。」
「「それを逃げたっていうんでしょうが。」」
は、反論できねぇ。
「ハ、ハイソウデスネ。」
もうここからは逃げられない。仕方なく説教を受けなければ。
その後三時間たっぷりお説教され、一ヶ月ギルドからの依頼が無い限り外出禁止になってしまった。その間何をするのかというと、書類仕事です。嫌だー!こんなことなら変に首を突っ込まなきゃよかった。そう反省しながら自分の部屋へ戻った。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く