死神始めました

田中 凪

第67話 二回戦第二試合

うーんあそこで正体明かさなきゃ良かった。今なにをしているのかと言うと試合の観戦では無く、冒険者達に握手を求められているのでそれをやっている。観戦は分身の方に任せているが。それにしてもどっから数百人も集まってきたんだよ?!少しは人の気持ち考えてみろ!なんでこんな握手を延々と繰り返さなきゃなんねぇんだよ。辛いわ!とまぁそんな状態になっている本体だが、分身はゆっくりと試合を見ていた。
第二試合のカードはコーラナンVSマサライである。
審判が・・・以下略
「試合開始!」
「水よ相手の動きを封じたまへウォーターバインド!」
コーラナンが先に仕掛ける。だが、
「我にそんな技は通用しない!我を囲めファイアーキューブ!」
マサライは自身の全方位を囲む四角を作った。そして、炎と水は相殺される。この試合は魔法での決着は付かない可能性がある。そのためコーラナンは剣術で、マサライは体術で攻めるしか無いのだ。
「ギガントスラッシュ!」
コーラナンは剣に魔力をまとわせ振り下ろす。だがそこにマサライの姿は無い。
「後ろがガラ空きです!真空波!」
決まった。誰しもがそう思っただろう。しかしコーラナンは立っていた。さらに全くの無傷なのだ。
「その程度の予想なんぞできるぞ!真空波を打った後しばらく動けないんだよな?これで終わりだ!一閃光波!」
「グっ!やはりこの技の弱点を見抜いていたんですね。お見事です。」
そう言ってマサライは地に伏せた。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く