死神始めました

田中 凪

第66話 二回戦第一試合

ふぃーそういやぁ俺最初から試合じゃん。忘れてた。めんどくせ。
「両者入場!」
中略

お互いに挨拶をした後サラナードが、
「君とは一度戦ってみたかったのだ。よろしくな。」
と言ってきたので
「お、おうよろしく。」
と答えておいた。
「試合開始!」
「最初から行かせてもらうぞ!」
そう言うとサラナードは、体に電気をまとう。
「じゃあ俺も行くぞ!」
俺も電気をまといブーストを発動させる。すると、
「な、なぜできる!この技ができるとはな!」
「いや、なぜも何も俺だってこの技武器で使ってたもん。」
そう武器で使っていたから体でもできるのでは?と思ったので昨日の夜に頑張ってできるようにした。
「ふ、 ふふふふふふ。この試合は退屈だと思ったが、中々の強者がいたようだ。では改めて名乗ろう!俺はサラナード=オーズワルだ。」
「あんまりな乗りたく無いが偽名を考えるのも面倒だな。じゃあこちらも名乗るとしよう!楠  浩太だ。」
そう言って仮面をとる。すると会場にいる全ての人が固まった。そしてどこからともなく、
「ほ、本物!?」
という声がでる。
「若干外野がうるさくなっちゃったけどやろうか。」
「いいですねぇ。まさかランクS+の人と戦えるとは。倒せば私がS+になれる!」
一応言っておくが、こうやって話している間にも打ち合っている。
「残念だが倒すことはできないよ。」
そう言ってある魔法を放つ。
「オールアタック!」
この魔法はその名の通り全ての属性を合わせ、放つ魔法である。ちなみに追跡機能も付けた。ゲスい魔法である。
「さてどうかわす?」
「クッ、サンダーショット!」
サラナードが放った魔法は残念ながら俺の魔法に吸収される。
「ダメか!」
そう言って回避行動をとるが、追跡機能によりサラナードへと飛んでいく。
「クッソォォォォ。俺様はこんなとこで終われ無いというのに!」
と言って俺の魔法を受けて気絶する。ん?なんかあいつの本性が見えたぞ?気のせいか?
「そこまで!」
ふぅ、疲れた。さて残りの試合は、ゆっくり観戦でもするか。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く